PR

 音楽家の坂本龍一氏などアーティストらは1999年2月1日,インターネットを使ったコンテンツ配信などにおける著作権保護のあり方を検討する団体「メディア・アーティスト協会(MAA:Media Artists Association)を設立した。

 目的は,「アーティスト自身の生活防衛」(MAA発起人の一人)。この団体を通してインターネット経由でディジタル・コンテンツを発表/提供するために必要な著作権保護技術などについてアーティストがみずから知識を高め,アーティスト自身の考えを機器メーカや著作権管理者に訴えていく。

 定期的に研究会を開催し,1999年後半に意見書をまとめて公表する。参加者は,会員(アーティスト)と賛助会員(アーティスト以外の各業界の関係者など)から成る。発起人は,ゲーム作家の飯野賢治氏とCGアーティストの河口洋一郎氏,音楽家の坂本龍一氏,佐野元春氏,冨田勲氏,松武秀樹氏の6人。