PR

 米Ford Motor社の社内分社Visteon Automotive Systems社と,住友電気工業と住友電装の合弁会社である米Sumitomo Electric Wiring Systems社(SEWS)は,自動車用電装システムの開発,販売を行なう合弁会社AutoNeural Systems,LLCを設立した。出資比率はVisteon社とSEWSがそれぞれ50%ずつ。本社はミシガン州アレンパーク。

 Visteon社の電子部品を含む自動車用システムの開発力と,住友電工・住友電装のワイヤハーネスの技術開発力を組み合わせることで,より統合化,省スペース化した自動車用電装システム製品を開発し,世界の自動車メーカに低価格で供給するのが合弁会社設立のねらいである。さらに,マルチメディア,空調,ドライバ・インフォメーション,シャーシ,インテリアのメカニカル・システムなどの開発にも注力する。製品の生産は,Visteon社,住友電工,住友電装がもつ既存の工場を活用する計画。2004年には,売上高120億円を目指す。