PR

 米Linear Technology Corp.は2007年4~6月期及び通期の決算を発表した(発表資料)。売上高は対前年同期比8.5%減の2億6812万米ドル,営業利益は同15.9%減の1億2720万米ドル,純利益は同17.3%減の9572万米ドルで,減収減益となった。

 通期の売上高は対前年比0.9%減の10億8308万米ドル,営業利益は同7.0%減の5億2432万米ドル,純利益は同4.0%減の4億1168万米ドルだった。

 同社のCEOであるLothar Maier氏は,「2007年4~6月期は,直前期から売上高が5.1%増,1株あたり利益は12.5%増となり,好調で1年を終えた。加えて,2007年4~6月期の受注額が増加し,BB(book to bill)レシオは上向いた」と話した。

 2007年7~9月期の売上高については,対前期比で4~6%増となる見通しという。「例年7~9月期は,産業向けおよび通信基盤向け事業で鈍化が見られるが,2007年の7~9月期は消費者向け事業で強い成長が見込めるため,この落ち込みは相殺されるだろう」(Lothar Maier氏)と説明した。

■海外企業の最新の決算はこちらからご覧いただけます。

この記事を中国語で読む