PR

 トヨタ自動車は,1999年6月にマイナーチェンジした新型車「プラド」のエンジン制御システムで32ビット・マイクロプロセサを初めて採用し,さらにリアルタイムOS「μITRON4.0」を用いたことを明らかにした。1999年6月30日に東京で開催された「第10回ITRONオープンセミナー」で発表したもの。システムの開発に当たっては,デンソー,富士通テン,NEC,東芝の協力を得たという。

 自動車のエンジン制御システムは点火タイミングや最適な燃料噴射量などを1サイクルごとに算出しているが,排気ガス規制などに対応するためにその制御はますます高度化,複雑化している。これに対応するため,搭載するマイクロプロセサを従来の8ビット品や16ビット品から32ビット品に切り替えた。さらにITRONを採用することで,複雑なエンジン制御プログラムの開発期間を従来に比べて3割程度短縮できたという。同社は今後,他車種にもエンジンのモデルチェンジに合わせて,ITRONが稼動する32ビット・マイクロプロセサを順次,採用していく計画。