PR

 米Cadence Design Systems, Inc.は,同社のプリント回路基板設計用EDAシステムと米Agilent Technologies, Inc.のEDAシステム「Advanced Design System (ADS)」の連携を取ると発表した(リリース文)。RF回路を混載するボードの設計効率化がねらい。

 Cadence社のHDL/回路図エディタ「Concept」およびボード用レイアウト・ツール「Allegro」とADSのRF回路設計・検証機能を結び付ける。すなわち,RFブロックをADSで設計・検証した後,他のブロックと合せてボードとして完成させるためにConceptおよびAllegroを使う。Agilent Technologies社の開発した中間ファイル形式を活用して,ADSのデータをCadence社のデータベースに取り込む。この変換ツールは,「Allegro Expert」 の一機能として,北米では11月中に出荷の予定。

関連記事

関連用語(EDA用語辞典)