PR
[画像のクリックで拡大表示]

  近距離無線データ通信技術「Bluetooth」の開発者向け会議「Bluetooth Developers Conference」が,米国時間の明日12月7日から,ロサンゼルス市で開催する。

 今回の会議は,Bluetoothの普及団体であるBluetooth SIG(Special Interest Group)が,正式仕様Version1.0を一般公開して以来,はじめての大きな会議になる。SIGの会員企業以外でも参加できるようになったため,SIGでは参加人数を,2000人と見込んでいる。ちなみに12月6日時点で,SIGの会員企業数は1300社以上に上っている(http://www.bluetooth.com)。

  3日間の会期中に,のべ110以上の講演が,七つのトラックに分かれて行なわれる。今回の会議では,SIGの組織変更,機器認証プログラムの発表(Qualification),新たなプロファイルの公開,そして関連試作機の展示などが注目を集めそうだ。SIGの組織変更では,1999年12月1日に発表したプロモータ企業数の拡大に関する正式な説明が予定されている。米Microsoft社など新たなプロモータ企業の動向に注目が集まっている。そのほか,数社のメーカが,新しいプロファイルの発表や新製品発表を予定しているようだ。