PR

 KDDIと沖縄セルラーは2007年7月30日,同年秋にパソコン向けの情報提供サイトと携帯電話機向けの情報提供サイトを同一ブランド「au one」に統一し,メニュー構成や提供する情報を一新すると発表した。そのなかの目玉として,米Google Inc.が提供する電子メール・サービス「Gmail」の技術をサービスの一部として取り込むことを明らかにした。両社の提携は2006年7月にGoogle社の携帯電話コンテンツおよびWWWサイトの検索サービスをEZwebのトップ・メニューに取り込んだのに続く第2弾となる。

 新電子メール・サービスは「au one メール」。携帯電話機とパソコンの両方で使える。独自のドメイン名である「auone.jp」を使った新しいメール・アドレスを使う。サーバーの運用などはGoogle社に委託するが,Google自体が提供するGmailとは独立したサービスとして運用する。「長期にわたってメールを保存しておきたいというニーズはかなりある。au one メールはGmailと同様,メールボックスが2Gバイトと大容量で,現状の携帯電話メールの利用モデル(200文字程度のメールを20通送受信)であれば,約100年分のメールを保存できる」(KDDI取締役兼執行役員常務 コンシューマ事業統括本部長の高橋誠氏)。

 携帯電話機向けのサービスとして提供するため,まずサブスクライバIDを使って自動ログインを可能にする。また現行のパソコン向けポータル・サービスである「DUOGATE」で提供しているメール・サービスからメールやアドレス情報を移行できる。将来的には携帯電話メール向けの絵文字機能を使えるようにするほか,携帯電話機宛てのメールを自動的に保存する機能を持たせるという。サービスの開始時期は2007年9月下旬。

この記事を中国語で読むこの記事を英語で読む