PR

 米Xilinx, Inc.は,米DARPA(Defense Advanced Research Projects Agency:ホームページ)から270万米ドルの開発プロジェクトを依頼されたと発表した(リリース文)。FPGAで実現したハードウエアを動作中に再構成する(いわゆるダイナミック・レコンフィギュアラブルなハードウエア)ためのツールを開発するのが,このプロジェクトの目的。米Virginia Polytechnic Instituteと2年間,共同研究開発する。

 開発のベースになるのが,Xilinx社が1998年に発表した「JBits」と呼ぶAPI(application programming interface (API))である(Xilinx社のJBitsホームページ)。これは,ボードに実装した後にFPGAをプログラム/再プログラムする,いわゆるISP(in system programming)を行なうためのJavaアプレット。