PR

 ケーブル・モデムやADSLモデム向けLSIの大手メーカである米Broadcom Corp.は,家庭内の電話線を利用して10Mビット/秒のデータ伝送が可能な技術「MediaShare」を開発した。将来的には60Mビット/秒まで,伝送速度を高めることができるという。家庭内ネットワークの業界仕様「 HomePNA」と互換性をもたせるため,米Tut Systems,Inc.とライセンス契約を結んだ。

 具体的にはTut社のHomeRun技術を別モジュールとして組み込む。HomeRun技術はHomePNA仕様1.0版の基本技術。現在,10Mビット /秒の2.0版を策定中だが,米Epigram,Inc.などが名乗りを上げている。Broadcom社もここに加わるもよう。