PR

 日本人で構成された「Team ACP」が運転するトヨタ自動車の「プリウス」が,米カリフォルニア州からの4200マイルの旅を経て7月9日にニューヨークに到着した。ハイブリッド車による米大陸横断は今回が初めてという。

 Team ACPは6月4日にカリフォルニア州を出発し,南方を通ってニューオリンズまで行った。その後,ケンタッキー,ワシントンDCとジグザグに北上してカナダのトロントまで到達した。さらに,オンタリオ湖を周回し,ニューヨークへと向かった。今回の大陸横断は「Eco-Mission'99」と呼ばれ,メンバは「パリ-ダカール・ラリー」に参加した日本人ドライバ,テレビ局のクルー,ナビゲータ,通訳,整備士など8人から構成された。