PR

 道路新産業開発機構(HIDO)は,建設省関東地方建設局から「ITS技術を利用した道路管理高度化技術に関する検討」を受託し,この業務を遂行するために賛助会員に協力依頼する。

 検討事項の内容は,光ファイバ路温レーダによる路面温度把握技術と越波検知技術の二つ。いずれも道路管理の高度化が目的で,道路管理者のニーズが高く,さらに技術検証を実施する必要がある技術という。実際のフィールドで実験を行ない,結果を基に道路管理システムを構築する。検討期間は1999年7月末~2000年3月末。なお,HIDOでは業務の詳細や協力依頼事項などについて7月30日に説明会を開催する。