PR

 NHK(日本放送協会)は,カメラで撮影した肌の画像を電子的に処理して「若返り」を実現するシステムを開発した。

 肌色の部分のみを抽出して,「ε-フィルタ」と呼ぶ処理を加える。その結果,肌の画像がツルツルに見えるようになる。ε-フィルタは,1982年に東京大学工学部の原島博教授らが発表したディジタル・フィルタである。1998年9月には,明治大学の荒川薫教授らが,このフィルタを応用したカラー顔画像処理技術を電子情報通信学会総合大会で発表した。

 NHKは,この発表に興味を持ち,明治大学情報科学科や東京大学先端科学技術研究センターの協力を得てシステムの開発を進めてきた。NHKでは,大河ドラマ「元禄繚乱」の1999年3月21日放送分で,シワシワの手をツルツルの手に変換した映像を放映する予定。

 現在は,動画をリアルタイムで処理しているわけではない。今後は,専用のハードウエアを開発し,動画のリアルタイム処理を可能にすることが課題という。

「若返り」を実行した例 左が適用前,右が適用後。
「若返り」を実行した例 左が適用前,右が適用後。
[画像のクリックで拡大表示]