PR
用紙の表面をコーティングするスプレー「IJS-220」
用紙の表面をコーティングするスプレー「IJS-220」
[画像のクリックで拡大表示]

 武藤工業は,画用紙やケント紙,トレーシングペーパ,官製はがきなどの表面をコーティングするスプレー「IJS-220」を1999年3月1日に発売する。コーティングによって,インクジェット・プリンタで印字したときにインクがにじみにくくなる。

 インクジェット・プリンタ用としてはすでに,表面をセルロース(植物の細胞膜の主成分)などでコーティングしてインクのにじみにくさや発色性などを改善した専用紙が発売されている。しかし実際には,こうした専用紙を使えない場合も多い。たとえば,ビジネス・レターで使う企業のロゴが印刷された用紙や透かしの入った独自用紙を使わなければならない場合,客先などが指定した用紙に印字しなければならない場合,画用紙やケント紙などを使う必要のある場合などである。今回発売したスプレーは,こうした独自用紙などに適用し,インクのにじみを抑え,発色性などを改善できる。

 発売するスプレーの価格は,1箱3本入りで2400円。内容量は220ccである。スプレー1本当たり,A1版の用紙なら12~15 枚,A4版なら約100枚のコーティングが可能。スプレー後1~2秒で乾く速乾性。コーティング後に紙が反るのを防ぐ成分も配合した。主成分は,セルロース,液化プロパン・ガス(LPG),エタノール。【問い合わせ先:武藤工業 情報画像事業部 サプライ営業センター,03-5481-6622】