PR

 電気通信事業者協会(TCA)の発表によれば,2007年7月の携帯電話の契約純増数は業界全体で49万7400件だった。

 事業者別にみると,ソフトバンクが3カ月続けて首位に立った。前年同期の約8.2倍に当たる22万4800件の純増を達成している。2位はKDDI。auだけなら23万4600件の純増でソフトバンクを上回っているが,ツーカーの純減4万3400件を合わせたKDDI全体では19万1200件の純増だ。NTTドコモは8万1400件の純増。このうち1台の携帯電話機で2台分の機能を使い分けできるサービス「2in1(ツーインワン)」の契約が4万7600件だった。

 なお,イー・モバイルは四半期ごとに契約数を公開しており,7月分の純増数は明らかにしていない。


上位3社の契約純増数の推移(2006年7月~2007年7月)