PR

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは,次世代プレイステーションの試作基板を公開した。LSIの動作確認用に,数十種類のボードを試作したという。これらのボードは,ゲームのタイトル開発者に配布する。冷却ファンの付いた2個のLSIは,右側がレンダリングLSI「グラフィックス・シンセサイザ」,左側がマイクロコントローラ「Emotion Engine」。この二つのLSIの上にあるのが入出力処理LSI。この3種類のチップが主な構成部品である。このほか,右下に実装されている16個の部品は,Direct Rambus仕様のDRAM。

[画像のクリックで拡大表示]