PR

 ケーブル・モデムやADSLモデム向けLSIの大手メーカである米Broadcom Corp.は,米Epigram,Inc.を買収する。買収金額は約3億1600万米ドル。買収は株式交換方式で行なう。Epigram社は, Broadcom社のHome Networking部門となる。

 Epigram社は,宅内の電話線を使って,10Mビット/秒のデータ伝送を可能にする技術を開発している。この技術を,家庭内ネットワークの業界仕様「HomePNA」に,米Lucent Technologies Inc.と共同で提案しており,次期仕様(2.0版)の最有力候補と見られている。松下電器産業もこの技術に注目し,同社の子会社Panasonic Digital Concepts Centerを通じて出資していた。

 HomePNAの10Mビット/秒の仕様には,Broadcom社も同様に提案している。今回の買収で,両者の提案は1本化するものと見られる。どちらの仕様になるかは明らかにしていない。

 今回の買収で,HomePNAの2.0版の仕様は,1本化に向けて前進したことになる。Broadcom社はすでに,2.0版でこれまでの1.0版と互換性をとるため, 1.0版の開発元である米Tut Systems,Inc.とライセンス契約を結んでいる。