PR

 NECとNECネッツエスアイ,およびネッツエスアイ東洋の3社は,テレビ受信用の配線として使われている同軸ケーブルをLANとして利用できるモデム製品「TOYONETz 高速同軸ケーブルモデム CXシリーズ」を発売した。出荷は2007年10月29日を予定する。NECグループは,この製品を2007年10月2~6日に千葉の幕張メッセで開催する展示会「CEATEC JAPAN 2007」に出展する。

 このモデムは,親機と子機(CPE)から成る。宅内,またはマンション構内の同軸ケーブル端子にそれぞれ接続して利用する。1台の親機には最大64台まで接続できる。リピータとして親機を追加すれば,子機数百台までネットワークを拡大できる。

 物理層でのデータ伝送速度は最大200Mビット/秒。変調方式にはOFDMを利用する。

この記事を中国語で読むこの記事を英語で読む