PR

 マイクロソフトは2007年9月19日,同社が提供するインターネット・サービス群「Windows Live」の機能をコンテンツ作成者向けに公開する方針であると発表した。その第1弾として,地図情報システム「Microsoft Virtual Earth」の日本国内向けの地図情報およびソフトウエア開発キット(SDK)の提供を開始した。

 Virtual Earthはなめらかなスクロールが可能な地図情報サービスで,WWWサイト上でも立体的な建物の表示などができる。Virtual Earthを利用したSDKなどは同社サイトからダウンロードできる。同日開催された「REMIX07 TOKYO」では,基調講演を担当した米Microsoft Corp. Director of Product Management,UX Platform & ToolsのKeith Smith氏が「Microsoft社が提供するさまざまなインターネット・サービスは,WWWサイトだけでなく,個別のプログラムでも利用できる。新しいサービスやプログラムの開発に役立ててほしい」と訴えた。

 このサービス開始を受けて,リクルートが海外旅行情報サービス「AB-ROAD」にVirtual Earthを組み込んだWWWサイトを披露した。好みの場所や目的などで検索した結果が,地図上に表示される。ツアー情報に基づいて経路を表示させたりできる。場所の高さ情報や建物の立体化した表現があるので,実際にその場所でどのような雰囲気を味わえるかがわかるという。