PR

 米Microsoft Corp.が提供するリッチ・クライアント環境「Silverlight」が,ようやく現実に使われはじめる。マイクロソフトは2007年9月19日,Silverlight採用を表明した企業5社を発表した。USEN,GMOホスティング&セキュリティ,NRIネットワークコミュニケーションズ,興和,バスケットボールジャパンTVである。

 いずれも基本的にWWWサイトにおけるコンテンツ作成にSilverlightを利用している。例えばUSENは同社が手がける動画サービス「GyaO」への採用を検討するにあたり,秋のサービス予告サイトにSilverlightを適用。「Silverlightはクロス・プラットフォーム,クロス・ブラウザーで利用できる点が魅力。また米Adobe Systems Inc.の『Flash』にはできない表現を簡便に実現できる点が魅力」(USENコンテンツプラットフォーム事業部ゼネラルマネージャーの松本武史氏)。

 またGMOホスティング&セキュリティはSilverlightを利用できるホスティング・サービスを提供すると同時に,ジュビロ磐田のサイトや歌手アイ武川のサイトをSilverlightで実装した。このほかNRIネットワークコミュニケーションズが野村證券の仮想店舗を実装したり,興和がeラーニングのサイトをSilverlightに対応させた。バスケットボールジャパンTVは,試合の動画配信にSilverlightを利用した。