PR

 アドビシステムズは2007年9月20日,WWWアプリケーション・サーバー製品「Adobe ColdFusion 8」を発表した。同社はインターネットを通じたコンテンツ配信に関わる製品群に力を入れており,「ColdFusionはサービスを統合するハブとしての役割を担う中核製品」(米Adobe Systems Inc. Senior Product Marketing Manager for ColdFusionのTim Buntel氏)。

 ColdFusion8の特徴は,旧製品に対して高速化を果たしたことに加え,.NET Framework上で作られた任意のオブジェクトとの連携が可能になり,Ajaxや同社が提供するリッチ・クライアント環境「Flex」および「Flash」との連携機能を強化したこと。.NET Frameworkとの連携機能を備えたことにより,「元々備えていたJavaプログラムとの通信機能と合わせることにより,企業内にあるほとんどの情報を,特にそのプログラムに手を加えることなくWWWで配信できるようになる」(同氏)。この機能を利用して,「サーバー側でさまざまな情報を統合できる。すなわち,マッシュアップのプラットフォームとしての利用が可能だ」(同氏)。またJavaScriptで利用可能なエディタのようなリッチ・テキスト編集やデータベース表示用のコンポーネントを用意することで,AjaxベースのWWWサイトを容易に構築できるという。

 2007年9月21日に出荷を開始する。スタンダード版とエンタープライズ版の2種類がある。スタンダード版はシングル・スレッドでしか動作しないほか,監視ツールなどを備えていない。価格はスタンダード版が17万円,エンタープライズ版が98万円。なお開発者向けのデベロッパー版は無償で提供する。