PR

 「東京ゲームショウ2007」が2007年9月20日,幕張メッセで開幕した。今年は会期が1日増えて9月20日~23日の4日間(前半2日間がビジネスデイ,後半2日間が一般公開日)。出展者数,小間数,タイトル数の全てで過去最大規模となっている。出展者は19の国と地域から217の企業や団体が集まった。出展タイトル数は昨年の650本に対して702本に増えている。


 記者の体感では,新型ハードウエア「プレイステーション3(PS3)」や「Wii」の投入を間近に控えた昨年に比べると,初日の人出は「大盛況」とまでいかず「盛況」。ビジネスデイが2日に増えたので,来場者も分散するのかもしれない。お化け屋敷のようなものや,乗り物のシートに座るような,イベント要素の強い一部の試遊コーナーは別にして,シンプルにゲーム機が設置してあって説明員が付き添う一般的な試遊コーナーはほとんど並ばずにプレイできる。華やかさには欠けるものの,快適にゲームを体験できる場になっているようだ(ビジネスデイ初日の感触であり,一般公開日も同様とは限りません)。

この記事を英語で読む

この記事を中国語で読む

初日は雲ひとつない快晴
初日は雲ひとつない快晴
[画像のクリックで拡大表示]
テーマは「つながって、広がって、世界へ」
テーマは「つながって、広がって、世界へ」
[画像のクリックで拡大表示]
この年末年始で対応ソフトウエア数を250タイトルまで拡大予定の「Xbox360」
この年末年始で対応ソフトウエア数を250タイトルまで拡大予定の「Xbox360」
[画像のクリックで拡大表示]
ソニー・コンピュータエンタテインメントのブースで長い行列ができたのは「グランツーリスモ5プロローグ」試遊コーナー
ソニー・コンピュータエンタテインメントのブースで長い行列ができたのは「グランツーリスモ5プロローグ」試遊コーナー
[画像のクリックで拡大表示]
国内で初めてのプレイアブル展示
国内で初めてのプレイアブル展示
[画像のクリックで拡大表示]
人気のニンテンドーDS用ソフトウエア「レイトン教授」シリーズ第2弾「レイトン教授と悪魔の箱」体験版の無料配布には長蛇の列
人気のニンテンドーDS用ソフトウエア「レイトン教授」シリーズ第2弾「レイトン教授と悪魔の箱」体験版の無料配布には長蛇の列
[画像のクリックで拡大表示]
20周年を迎えた「メタルギア」シリーズの新鋭「メタルギアソリッド4」の試遊コーナー
20周年を迎えた「メタルギア」シリーズの新鋭「メタルギアソリッド4」の試遊コーナー
[画像のクリックで拡大表示]
コンパニオンも派手なコスプレは減っている
コンパニオンも派手なコスプレは減っている
[画像のクリックで拡大表示]
一般的なイベント・コンパニオンらしい服装が主流
一般的なイベント・コンパニオンらしい服装が主流
[画像のクリックで拡大表示]
一目見て「ゲームショウっぽい!」と思わせる人が少ない
一目見て「ゲームショウっぽい!」と思わせる人が少ない
[画像のクリックで拡大表示]
昨年は目立ったメイド服も今年は少なめだった
昨年は目立ったメイド服も今年は少なめだった
[画像のクリックで拡大表示]
「龍が如く2」のキャラクター「吉野太夫」に扮したコンパニオンはカメラマンに大人気
「龍が如く2」のキャラクター「吉野太夫」に扮したコンパニオンはカメラマンに大人気
[画像のクリックで拡大表示]