PR

 ソフトバンクとイー・アクセスは,2.5GHz帯を用いる「広帯域移動無線アクセスシステム」の事業免許取得に向けて,企画会社に共同出資する提携企業を明らかにした(発表資料Tech-On!の関連記事)。提携企業として参加するのは,投資会社である米Goldman Sachs Group, Inc.とシンガポールのTemasek Holdings Pte Ltd.,日本国内のインターネット接続事業者であるNECビッグローブ,ソネットエンタテインメント,ニフティ。およびシステム・インテグレータのフリービットの計6社。投資会社2社の出資は計68億5000万円,34.16%と全体の1/3を超えた。

 企画会社「オープンワイヤレスネットワーク」の資本金は2007年9月28日までに,200億5000万円となる。各社の出資額の内訳は,イー・アクセスが65億円(32.42%),ソフトバンク65億円(32.42%),Goldman Sachs社45億円(22.44%)Temasek Holdings社23億5000万円(11.72%),NECビッグローブ5000万円(0.25%),ソネットエンタテインメント5000万円 (0.25%),ニフティ5000万円(0.25%),フリービット株式会社5000万円(0.25%)。