PR
IOGear社のWireless USB用ハブとアダプタのセット
IOGear社のWireless USB用ハブとアダプタのセット
[画像のクリックで拡大表示]
Wireless USB用ハブ
Wireless USB用ハブ
[画像のクリックで拡大表示]
より伝送速度を高めた実演も
より伝送速度を高めた実演も
[画像のクリックで拡大表示]

 米NEC Electronics America,Inc.は,同社のWireless USB用LSIが,米IOGear,Inc.のWireless USB用周辺機器に採用されたことを明らかにした。IDF fall 2007の展示会場で,動作を実演した。

 採用されたのは,Wireless USB用のMAC/ベースバンド処理LSI「μPD720180」。Certified Wireless USBの認証を持つLSIで,DWA(device wire adapter)として機能する。IOGear社のハブおよびUSBアダプタに組み込まれた。同ハブとアダプタは,既に店頭に並んでいる。

 μPD720180は,53.3Mビット/秒~480Mビット/秒のデータ伝送に対応できる。また有線のUSB 2.0のハブ機能も備えている。なおIOGear社の製品では,Wireless USBのRFトランシーバICとして,米Alereon社のチップを利用している。

 NEC Electronicsはこのほか展示会場で,より転送速度を高めたLSIの実演も行っていた。仕様上の速度は明らかにしなかったが,実効的なデータ伝送速度で130Mビット/秒を超える速度を実現していると説明していた。

この記事を中国語で読む