PR
新型マザーボード「D201GLY2」。10/100BASE-T対応の Ethernet,USB 2.0ポートを6個,SiS662チップセットなどを搭載している。DDR2-533の1Gバイトまで対応している。
新型マザーボード「D201GLY2」。10/100BASE-T対応の Ethernet,USB 2.0ポートを6個,SiS662チップセットなどを搭載している。DDR2-533の1Gバイトまで対応している。
[画像のクリックで拡大表示]
従来のマザーボード「D201GLY」
従来のマザーボード「D201GLY」
[画像のクリックで拡大表示]
Intel社の「PC for Rural Communities」プラットフォームに対応した中国Haier Co., Ltd.(海爾)のパソコン「Unionville」(英語名)。D201GLYを搭載,中国の地方都市などで販売されている。手書きの漢字入力パッドを接続し,表示しているテキストを音声に変える機能がある。テレビに画面を出力する機能も搭載している。
Intel社の「PC for Rural Communities」プラットフォームに対応した中国Haier Co., Ltd.(海爾)のパソコン「Unionville」(英語名)。D201GLYを搭載,中国の地方都市などで販売されている。手書きの漢字入力パッドを接続し,表示しているテキストを音声に変える機能がある。テレビに画面を出力する機能も搭載している。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intel Corp.は「Intel Developer Forum(IDF)Fall 2007」の報道機関向けイベントで,次世代の新興国市場向けデスクトップ型パソコン向けマザーボード「D201GLY2」を公開した。D201GLY2は現在販売中のマザーボード「D201GLY」の次世代製品。D201GLY2の価格は現在未公開だが,2007年第4四半期に出荷を開始する予定だという。

D201GLY2はμATXフォームファクターのマザーボードで,D201GLYと比較して大きく異なる点は,搭載するマイクロプロセサを1.2GHzで動作する「Celeron Processor 220」に変えたこと。D201GLYは1.33GHzで動作する「Celeron 215」を搭載し,マイクロプロセサを冷却するためのファンをマザーボードに搭載している。D201GLY2はファンを搭載していない。さらに,D201GLY2は2個のSerial-ATA対応コネクターを搭載している。「Serial-ATAに対応した周辺機は,従来のIDE対応周辺機より価格が下がっている」(Intel社の説明員)。