PR

 日新製鋼は,同社の市川製造所(千葉県市川市)にステンレス箔(はく)用ミルを増設する。新ミルは,2009年上期に稼働を始める予定だ。現在のミルは,1988 年に稼働を開始したもの。顧客からの品質と精度に対する要求が高度化していることから,同社は新ミルの建設を決めた。

 新ミルは,板幅で最大670mm,板厚で10~250μmに対応。寸法・形状の精度などを従来に比べて改善できる上,増産も可能。電気・電子機器用の精密部品や市場が成長している自動車,建材向けに対応できるという。投資金額は,約20億円。