PR
握手する関係者
握手する関係者
[画像のクリックで拡大表示]

 コナミスポーツ&ライフと大阪電気通信大学は,健康分野の人材育成や,健康機器の開発に向けて産学連携することで合意した。連携の具体的な取り組みは大きく二つある。一つは,大阪電気通信大学の健康スポーツ科学科の授業運営に,コナミスポーツ&ライフが協力する。健康スポーツ科学科は,2008年度に開設する新規の学科である。もう一つは,コナミスポーツ&ライフの健康機器の開発に,大阪電気通信大学が工学分野の視点から協力する。「工学系の実績を,健康などの新たな領域に応用することが,今後はますます重要になる」(大阪電気通信大学 学長・学校法人理事の元場俊雄氏)。

 連携によって生み出す健康機器は,「2008年末をメドに市場投入したい」(コナミスポーツ&ライフ 代表取締役 執行役員社長の大石利光氏)とする。具体的な開発品目については明らかにしていないが,両者の連携によって,これまでにない健康機器の開発を目指すという。コナミスポーツ&ライフは,全国各地でスポーツ・クラブを運営しており,健康機器に対するニーズや,健康情報に関する多くのデータを保有している。これに,大阪電気通信大学が持つ工学技術のシーズを融合させることを狙う。