PR

 旭硝子は2007年9月28日,米国の子会社であるAGC Chemicals America社のベイヨン工場(ニュージャージー州)でのフッ素化学品の生産を停止し,同工場を同年12月末に閉鎖すると発表した。これは,米国でのフッ素樹脂(PTFE)事業の収益が悪化しているため。同工場では現在, PTFEやフッ素系溶剤「AK-225」を生産している。

 旭硝子は,1999年に英Imperial Chemical Industries社から英国と米国のフッ素樹脂事業を買収。その後,英国にAsahi Glass Fluoropolymers U.K.社(現AGC Chemicals Europe社)を,米国にAsahi Glass Fluoropolymers USA社(現AGC Chemicals America社)をそれぞれ設立し,フッ素化学事業を展開している。このうちAGC Chemicals America社は,ベイヨン工場のほか,PTFEコンパウンドを生産するソーンデール工場(ペンシルベニア州),フッ素化学品の営業・サービス拠点であるテクニカルセンター(同)の3拠点を持つ。

 ベイヨン工場の閉鎖後も,ソーンデール工場ではPTFEコンパウンドの生産を継続する。さらに,テクニカルセンターでのサービス機能を向上させ,日本や英国の生産拠点で製造したPTFE「フルオンRETFE」やフッ素ゴム「アフラスR」などの輸入販売を強化するとしている。