PR

 2007年10月2日~6日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2007」の前日,CEATEC JAPAN実施協議会は例年通り,開催概要を発表する記者会見を行った。

 開催規模は今年も過去最大を更新。出展者数が前年の807社に対して895社,小間数は2936小間から3199小間に増加した。会場も,前年は使用しなかった9~11ホールを含めて幕張メッセ全施設を使う。来場者は5日間で20万人の見込みだ。

 主催3団体を代表して登壇した電子情報技術産業協会 会長の町田勝彦氏は「出展者アンケートによれば,出展者の45%までがCEATECの開催に合わせて新技術の開発を進めてきたという。CEATECが最先端技術の発信の場となっている証拠」と展示会の成功に自信を覗かせる。

JEITA会長として挨拶するシャープ会長の町田勝彦氏
JEITA会長として挨拶するシャープ会長の町田勝彦氏 (画像のクリックで拡大)

 CEATEC JAPAN運営事務局の事務局長を務める入江二郎氏は,見どころを挙げるのに四苦八苦していた昨年とは対照的に,今年は「まず薄型テレビの各社の技術競争が目を引くのでは」と目玉を堂々,紹介した。そのほかに「生態認証の充実や,携帯電話機など向けの充電システムの発展」を見どころに挙げている。さらに「漏れ聞いたところでは」と前置きして「オーロラ・ビジョン」や「パソコン画面で立体映像を表示し,その映像に触れてパソコンの操作ができるもの」などが出展されると明かした。

この記事を英語で読む

この記事を中国語で読む