PR
[画像のクリックで拡大表示]

 元富士通研究所フェローで,PDPの生みの親として知られる篠田傳氏が設立したベンチャー企業「篠田プラズマ」は,開発を進めるディスプレイを初めて一般公開する。2007年10月3日の11時30分~14時に国際会議場ABで開催される特別セッション「未来予測デジタル産業2007-2020」において,篠田氏が自ら試作品を持ち込み,展示・説明する。

 篠田プラズマが開発を進めるディスプレイは,大型でかつ薄型軽量,フレキシブルといった特徴を備える。構造は極めてシンプルだ。直径1mmのガラス・チューブ内に,放電ガスやRGBそれぞれの蛍光体などを封止した「プラズマ・チューブ」を利用する。このチューブを並べ,上下からフィルム状の電極で挟み込んだ構造である。電圧を印加すると,電極が交差する個所が放電し発光するという仕組みで,発光原理は現行のPDPと同様だ。いわば「シート状のPDP」である。

 披露するのは,寸法が1m×0.5mのディスプレイ。43型に相当する。当日は,このディスプレイが目指す応用分野などについて言及するという。

この記事を中国語で読む