PR

 日本における電機業界の祭典「CEATEC JAPAN 2007」が,いよいよ明日,2007年10月2日に開幕する。開催前日の今日は,まだ展示物の設置やプレゼンテーションのリハーサルが続いている。ここ数日,関東地方ではめっきり気温が下がり肌寒さを感じるようになったが,最後の仕上げが急ピッチで進められるCEATEC会場は異様なまでの熱気に包まれていた。

 今回,CEATECの見学にあたり注意が必要なのは会場の配置。「デジタルネットワーク ステージ」のうち,薄型テレビなどのデジタル家電を展示する「ホーム&パーソナルゾーン」の会場は,昨年まで併設展が開催されていたHall 9~11である。従来の会場とは道路を挟んで反対側になる。移動には数分は要するので,注意が必要だ。道路を渡るための横断歩道はやや遠くになってしまうため,安全に渡るにはHall1~8の中央出入り口とつながっている歩道橋を利用しよう。

 登録受付などはHall 9~11側にもあるので,こちらのホーム&パーソナルゾーンを見学する予定のある人は,海浜幕張駅からスカイウェイ(プレナ幕張を過ぎたところにある歩道橋)を通ってHall 9~11へ向かうという方法もある。

この記事を英語で読む

この記事を中国語で読む

図1 午後5時を前に,早々に準備を済ませ会場から引き上げる人もちらほら。
図1 午後5時を前に,早々に準備を済ませ会場から引き上げる人もちらほら。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 着々と準備の進む,いわゆる「部品館」。既に準備万端で人気のないブースも多い。
図2 着々と準備の進む,いわゆる「部品館」。既に準備万端で人気のないブースも多い。
[画像のクリックで拡大表示]
図3 綜合警備保障(ALSOK)の警備ロボットも調整中。
図3 綜合警備保障(ALSOK)の警備ロボットも調整中。
[画像のクリックで拡大表示]
図4 開催前日にもかかわらず,既にテレビ局による報道も見られた。オムロンのリアルタイム笑顔度測定技術のデモンストレーションの様子が夕方のニュースで放送されていた。
図4 開催前日にもかかわらず,既にテレビ局による報道も見られた。オムロンのリアルタイム笑顔度測定技術のデモンストレーションの様子が夕方のニュースで放送されていた。
[画像のクリックで拡大表示]
図5 薄型テレビなどのデジタル家電が展示されている「デジタルネットワーク ステージ ホーム&パーソナルゾーン」。話題の薄型テレビなども続々と搬入,設置されていた。動態展示やダンスや寸劇を交えたパフォーマンスが多いためか,他の展示会場よりも設営作業に時間を取られている印象だ。
図5 薄型テレビなどのデジタル家電が展示されている「デジタルネットワーク ステージ ホーム&パーソナルゾーン」。話題の薄型テレビなども続々と搬入,設置されていた。動態展示やダンスや寸劇を交えたパフォーマンスが多いためか,他の展示会場よりも設営作業に時間を取られている印象だ。
[画像のクリックで拡大表示]