PR
松下電器産業のブース。入口前の一番目立つ場所にこの展示があり、H.264録画の光ディスクレコーダーを大々的にアピールしている
松下電器産業のブース。入口前の一番目立つ場所にこの展示があり、H.264録画の光ディスクレコーダーを大々的にアピールしている
[画像のクリックで拡大表示]
松下電器産業のDVDレコーダー新製品で「録画モード変換」機能の設定画面を表示しているところ。この変換は等倍速であり、2時間の映像ならば変換にも2時間かかる。そのため、光ディスクレコーダーを使わない夜間などにまとめて処理を済ませられるよう、いつ変換操作を始めるのかを指定できるようにしている
松下電器産業のDVDレコーダー新製品で「録画モード変換」機能の設定画面を表示しているところ。この変換は等倍速であり、2時間の映像ならば変換にも2時間かかる。そのため、光ディスクレコーダーを使わない夜間などにまとめて処理を済ませられるよう、いつ変換操作を始めるのかを指定できるようにしている
[画像のクリックで拡大表示]
東芝が参考出展した、H.264で録画可能な次期HD DVDレコーダーの試作機
東芝が参考出展した、H.264で録画可能な次期HD DVDレコーダーの試作機
[画像のクリックで拡大表示]
従来のMPEG-2を用いたフルハイビジョン映像(左)と、試作機を用いた低ビットレートのフルハイビジョン映像(右)の両方を並べて展示している
従来のMPEG-2を用いたフルハイビジョン映像(左)と、試作機を用いた低ビットレートのフルハイビジョン映像(右)の両方を並べて展示している
[画像のクリックで拡大表示]

 1920×1080ドットのフルハイビジョン映像を、記憶容量4.7GBのDVDメディアに記録する。この新技術を、松下電器産業と東芝が千葉市の幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2007」会場において、それぞれ披露した。いずれも符号化方式にH.264/MPEG-4 AVC(H.264)を用い、画素数を維持しながらビットレートを低減させることで実現している。

 松下電器産業は、CEATEC初日の2007年10月2日に光ディスクレコーダー「DIGA」の新機種6製品を発表した。Blu-ray Disc(BD)レコーダー、DVDレコーダーそれぞれ3製品である。この6製品が搭載するのが、H.264による録画/再生機能だ。従来通りMPEG-2による録画/再生も可能である。想定実勢価格は、DVDレコーダーが約10万円から、BDレコーダーが約18万円から。

 H.264の録画モードは3種類あり、5.7Mbps、8.6Mbps、12.9Mbpsである。それぞれ、記憶容量4.7GBのDVDメディアに1時間40分、1時間5分、42分の録画が可能。記憶容量8.5GBの2層DVDメディアを用いた場合は、それぞれ3時間、2時間、1時間20分の映像を録画できる。「5.7Mbpsのモードで録画すれば、2層DVDメディア1枚に映画1本をフルハイビジョンで記録できる」(松下電器産業の説明員)。BSデジタルハイビジョンの映像は24Mbpsであるため、5.7Mbpsで録画するとハードディスク(HDD)上のデータ容量を約1/4に減らせる。

 また、高ビットレートで録画したテレビ番組を低ビットレートに変換する「録画モード変換」機能を備える。「元のデータを復号化した上で再圧縮するため画質は劣化するものの、HDD容量を気にせずハイビジョン映像を録画できるようになる。当社としては、ユーザーが従来よりさらに気軽にフルハイビジョンで映像を残せる環境を整えていきたい」(松下電器産業の説明員)と説明する。

 東芝は、HD DVDレコーダー「VARDIA」の次期製品をCEATECに参考出展している。松下電器産業の製品と同様、H.264による録画/再生が可能。画素数も同じ1920×1080ドットだが、フルハイビジョン録画時の最小ビットレートが4Mbpsと小さいのが特徴。「1層のHD DVD-Rメディアなら6時間、1層のDVDメディアでも2時間の記録が可能」(東芝の説明員)とした。

 HD DVDはBDに比べ記憶容量が少ないため、テレビ番組の録画に不利であるといわれていた。このため、1枚のDVDで2時間分の映像を記録できるよう、ビットレートと画質の調整を進めていたものとみられる。なお、発売時期や価格の詳細は明らかにしていないが、「近いうちに発表したい。(会場に実演展示している)試作機の完成度を見てもらえれば、発売時期もおよその見当が付くと思う」(東芝の説明員)と自信をのぞかせる。

 なお、同じH.264による録画だが、両社の製品に互換性はない。DVDにフルハイビジョンの映像を記録する際の規格として、松下電気産業はBDの規格を元にした「AVCREC」を採用するのに対し、東芝はHD DVDの規格を元にした「HDVR」を採用するためだ。これに対し、他社のブースでは、「DVDへのハイビジョン録画をめぐって、互換性のない2方式が混在するとユーザーに混乱を与える恐れがある。そのため当社ではこうした機能を実装せず、ハイビジョン録画はBDに一本化して普及を進めていく方針」(ソニーの説明員)との声も聞かれた。