PR
バイク用簡易型カーナビが遂に登場
バイク用簡易型カーナビが遂に登場
[画像のクリックで拡大表示]

 アール・ダブリュー・シーは,バイク用簡易型カーナビ「RM-A4000」を「CEATEC JAPAN 2007」で披露した。2007年11月下旬から販売する計画で,価格は6万9800円という。

 水の浸入については,鉛直60度以内からの散水に対して保護しているJIS3級(IPX3)相当の耐性があるという。外形寸法は115mm×80mm×30mmで,重さが260g。3.5型の液晶画面を備え,地図データは2GバイトのSDメモリーカードに保存している。地図はゼンリン製となる。CPUには,Samsung Electronics社製の動作周波数400MHz品を,OSには米Microsoft社の「Windows CE 5.0」を採用した。

 同カーナビは「XROAD」というブランドで簡易型カーナビを展開する韓国のカーナビ・メーカーCARPOINT社からハードウエアの供給を受けている。GPS受信機は米SiRF Technology社製ではなく,CARPOINT社が開発したモジュールを使っているという。

この記事を英語で読む