PR

 NECは,周辺装置用インタフェースであるUSB(Universal Serial Bus)2.0の仕様に準拠したコントローラLSI「μPD720100」を発売する。今月末にもサンプル出荷を始める。コントローラLSIの発売を発表したのは同社が初めて。

 データ転送速度はUSB2.0で規定された480Mビット/秒のほか,現行規格USB1.1で規定の12Mビット/秒,1.5Mビット/秒に対応している。CD-R装置やCD-RW装置,DVD-ROM装置,プリンタ,スキャナなどへの組み込みをねらう。

 データ転送速度を自動的に切り替える機能がある。物理層のドライバ/レシーバ回路も内蔵する。パワー・マネジメントICを追加するだけで,USB2.0に必要なインタフェース回路を構成できる。このほかμPD720100は,PCIバス・インタフェース回路(PCI2.2版準拠)も備える。電源電圧は+3.3V単一。160ピンQFPまたは176ピンFPBGAパッケージに封止する。サンプル価格は3000円。

 2000年9月以降,月産100万個の量産を予定している。なおNECは,USBハブ用のコントローラLSIや,ATA/ATAPI-4とのインタフェース変換用LSIなども順次発売する計画である。