PR

 米国時間の4月27日朝に開かれるWinHECの基調講演で,米Intel Corp. Vice President, Desktop Products GroupのPat Gelsinger氏は,USB2.0の正式仕様のリリースを宣言する。仕様書はUSB2.0の標準化作業に当たった「USB Promoter Group」のWebサイト(http://www.usb.org/)からダウンロード可能になる。

 基調講演ではこのほか,USB2.0に対応したホスト・コントローラLSIを実装したパソコンとスキャナをつないだデモンストレーションを披露するとみられる。ホスト・コントローラLSIにはNECが開発したものを,スキャナに内蔵する周辺機器用の論理LSIには米NetChip Technology, Inc.が開発したものを使うもよう。

 Gelsinger氏は,2000年2月に開催した「Intel Developer Forum」でも同様のデモを行なっているが,このときはホスト・コントローラLSIの論理層回路をFPGAを使って実現していた。なお,Intel社はUSB2.0に対応 したホスト・コントローラLSIを製品化する予定はない。物理層回路と論理層回路を集積したパソコン用入出力LSI(いわゆるサウス・ブリッジ)を2001年をメドに発売する。