PR

 2000年5月16日から米国で開催されたUSB2.0の開発者向け会議(カリフォルニア州アナハイム)で,米inSilicon社などは相互接続のデモを実演した。FPGAを用いたinSilicon社のUSB2.0対応プロトコル処理用LSIとNECのトランシーバLSI(試作チップ)を米Hewlett-Packard Co.のスキャナ「ScanJet」に実装した。スキャナで読み込んだ画像をパソコンに480Mビット/秒で伝送が可能なことをみせた。パソコン側には,NECのホスト・コントローラLSIを搭載したPCIバス・ボードを組み込んだ。