PR
携帯電話機の国内出荷実績(2006年8月〜2007年8月)
携帯電話機の国内出荷実績(2006年8月〜2007年8月)
[画像のクリックで拡大表示]

 電子情報技術産業協会(JEITA)の統計によれば,2007年8月の携帯電話機の国内出荷台数は前年同期比38.8%増の399万7000台だった。ワンセグ対応機の出荷台数は前年同期の約6倍となる146万7000台で,携帯電話機の国内出荷全体に占める比率は36.7%となった。

 ワンセグ対応機の好調を背景に,第3世代サービス対応機(3G)の出荷は同50.7%増の398万台と大きく伸びた。一方,第2世代サービス対応機(2G)は同93.0%減の1万7000台となり,統計史上初めて2万台を割り込んだ。

 PHSは同44.7%増の21万7000台で,2007年4月からの累計でも前年実績を22.6%上回っている。