PR
Google Search Appliance version 5.0の特徴
Google Search Appliance version 5.0の特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 米Google Inc.は2007年10月11日,企業内のイントラネットを検索する装置の新版「Google Search Appliance version 5.0(以下GSA 5.0)」を発売した。企業や組織が保有する文書やコンテンツを統合管理するECM (enterprise content management)を検索対象にできる点が最大の特徴である。
 
 従来のバージョンでは企業内のECMを検索対象にするには,個別に設定が必要など手間がかかった。GSA5.0は,ECMにアクセスするための「エンタープライズ コネクター フレームワーク」を備える。EMC社の「Documentum」,IBM社の「FileNet」,OpenText社の「Livelink」,Microsoft社の「SharePoint」といったECMが管理する文書やコンテンツ内のキーワードなどを,GSA5.0のインデックスに自動で登録する。検索対象のファイル形式は220ある。セキュリティに関しては,Microsoft社の統合認証システム「Windows Integrated Authentication」に対応した。

 このほか,ユーザーが検索キーワードを入力する間に,これまでに提案や保管されたクエリを表示したり,CEOのブログを検索結果のトップにすえるなどユーザーが表示順をカスタマイズできる。価格は国内で620万円より。