PR
繊維の内部に硫化銅のナノ微粒子を形成させた「クラロン EC」
繊維の内部に硫化銅のナノ微粒子を形成させた「クラロン EC」
[画像のクリックで拡大表示]
クラロン ECの断面図
クラロン ECの断面図
[画像のクリックで拡大表示]

 クラレは,金属ナノ微粒子複合技術を応用して,新しい導電性繊維「クラロンEC」を開発した。これは,繊維内部に硫化銅のナノ微粒子を微細に形成させたポリビニルアルコール(PVA)繊維。PVA分子の水酸基が種々の金属イオンと相互に作用することに着目し,実現したものだ。

 汎用の導電性繊維としては,ミクロンサイズのカーボンブラック粒子を練り込んだものや,繊維表面に無電解めっきを施した「金属めっき繊維」がある。それに対してクラロンECは,ナノサイズの金属微粒子を複合させることで粒子の表面積を増やすと共に,粒子間距離を縮めて高い導電性を発現させたのが特徴だ。

 従来の金属めっき繊維には,屈曲や摩耗,塩水による腐蝕などでめっき層が破壊され,導電性が低下する恐れがあったが,クラロンECは繊維の内部に導通経路を持つので,耐久性に優れる。さらに,形態自由度が高く導電性の制御も可能なため,製造条件を工夫すれば,既存の繊維では不可能だった導電性の領域にも対応できるという。

 応用例として同社は,(1)静電・帯電防止材(2)電磁波シールド材(3)電磁波吸収材(4)センサ,スイッチ材(5)面状発熱体----を挙げる。具体的には,(1)は除電ブラシや静電気除去テープなど,(2)は電線被覆材など,(3)はパーティションや建材,壁材など,(4)はセンサ付き尿取りパッドや布製スイッチなど,(5)はカーシートヒータなどを想定している。