PR
図1 ウェザーサービスが提供する緊急地震速報を利用したサービス「The Last 10-Second」の表示画面
図1 ウェザーサービスが提供する緊急地震速報を利用したサービス「The Last 10-Second」の表示画面
[画像のクリックで拡大表示]

 ウェザーニューズは,契約したパソコンに緊急地震速報を送信して警告を発するサービス「The Last 10-Second」を2007年10月15日から開始する。専用の受信機器などを設置することなく利用できるため,利便性が高いことをうたう。月額315円の有料サービス「ウェザーニュース会員」に登録した会員が利用できる。

 会員がサービスを利用するには,まずは同社が運営するWWWサイト(URLはこちら)で専用のアプリケーションをパソコンにインストールする。次に,アプリケーションを起動して自宅や会社などの位置情報や,警告を発する震度やマグニチュードなどのしきい値を設定する。

 緊急地震速報を受信し,震度やマグニチュードなどが設定した条件より大きな値のとき,地震到着までの予想時間などの情報がPC画面上に表示される。同時に,警告音と地震状況などを解説する音声が出てくる。

 同社は2006年11月から月額1250円で事業者向けに同様のサービスを提供していた。2007年10月1日から気象庁から緊急地震速報が本格的に配信されるのに伴い,個人向けにサービスを開始した。

この記事を英語で読む