PR

 東芝は,加賀東芝エレクトロニクス(石川県能美郡)に増設したパワー半導体の新製造棟の本格稼働を始めた(発表資料Tech-On!関連記事)。新棟は200mmウエハー対応の製造棟で,今後,ウエハー投入量で6万枚/月まで生産規模を拡大する予定。その後も需要状況をみてさらなる生産能力拡大を検討する。新棟向けの設備投資額は2010年度までに約550億円を予定している。

 東芝は,主にテレビやパソコン,携帯電話機,車載機器向けでパワー半導体の需要増を見込んでおり,今後,新棟を活用して事業の拡大を図る。同社のパワー半導体市場でのシェアは2006年度で第3位の約8.3%とみられるが,2009年度にシェア第1位を目標に据えた。