PR
ブロードバンド・サービスの加入者数の予測
ブロードバンド・サービスの加入者数の予測
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanは,国内のブロードバンド・サービスの市場予測を発表した(発表資料)。2006年末時点でのブロードバンド・サービスの加入者は対前年比15.1%増の2575万件。世帯普及率は49.8%だった。2006年のブロードバンド・サービス加入者の年間純増数は338万件で,そのうち330万件をFTTH加入者が占めた。2007年末時点の加入者は,対前年比9.6%増の2823万件に達する見通し。2006~2011年における年間平均成長率は(CAGR)は,7.5%と予測する。

 2011年におけるブロードバンド・サービス加入者数の種類別の内訳は,FTTHが2480万件,ADSLが828万件,CATVインターネットが392万件とみる。

 国内のブロードバンド市場の成長は,FTTH加入者の増加が支えている,とIDC Japanは分析する。FTTH事業者では,NTT東日本および西日本がシェアを伸ばしており,東京や大阪といった都市圏に加え,地方でも加入者を増やしているとする。現在,各サービス・プロバイダーは,映像配信サービスを中心としたFTTHのアプリケーション開発に注力している。しかし,国内のトリプル・プレイ・サービスの加入者は,まだブロードバンド・サービス加入者全体の数%にとどまるとIDC Japanは推定する。同社は,今後トリプル・プレイ・サービスがさらに普及するためには,サービス・プロバイダーが消費者に対して,電話,放送,データ通信の3サービスを1つのプロバイダーから購入するメリットを分かりやすく伝える必要があると説明する。同社はこのメリットとして,サービス価格の低下や,問い合わせやアフター・サービス対応窓口の一本化といった利便性の向上などを挙げている。