PR

 オリンパスと米Microsoft Corp.は2007年10月16日,広範な特許のクロスライセンス契約を締結したと発表した(発表資料)。この契約によって,両社はデジタル・カメラやデジタル画像技術などを中心とした製品群の開発を促進する考え。契約内容や契約金額などは明らかにしていない。

 この契約はMicrosoft社が2003年12月に開始したIPライセンス・プログラムの一環。同社は2007年9月にも,カーナビや家電の製品開発強化を目的として,ケンウッドと特許のクロスライセンス契約を結んでいる(Tech-On!の関連記事)。また,Microsoft社は過去1年間に,富士ゼロックスや韓国LG Electronics Inc.,NEC,カナダNortel Networks Ltd.,米Novell Inc.,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.,セイコーエプソンなどと同様の契約を締結している。