PR

 トヨタ自動車の金属プレス加工部門であるスタンピングツール部では,小集団活動の実効性を高めるため幾つかの「工夫」を採り入れている。それは「活動単位は3人」「3人の意見が2対1で割れた場合,まず少数意見を試してみる」といったものだ。こうした工夫には,相応の裏付けがあるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い