PR

 米Conexant Systems Inc.は,カナダPhilsar Semicondutor Inc.を買収した(発表資料)。買収手続きは30日以内に終了する予定。Philsar社の株式所有者には,Conexant社の株式が,全体で約300万株与えられるという。

 Conexant社は,米Rockwell International Corp.の半導体部門が独立したメーカ。Philsar社は,無線通信用RF回路などの技術を保有するファブレス・メーカである。とくに,Bluetooth向けのLSIでは,低電圧駆動のLSIの設計技術を保有しており,業界で注目を浴びていた。今回の買収で,Conexant社は,Bluetooth用LSIの市場に一気に参入することになる。Philsar社は,Conexant社のWireless Communication Divisionの一部となる。

 Philsar社のBluetooth向けLSIは,SiGe技術で製造するのが特徴。米IBM Corp.に製造を委託していたが,今後この関係がどう変化するかは不明である。Philsar社は,東京に国内営業拠点を保有するが,そこでの顧客サポートはこれまでどおり続けるという。

 Bluetooth関連ベンチャー企業はこれまでにも,デンマークDigianswer社が,米Motorola Inc.に買収された例がある。今後は,1チップBluetooth用LSIの開発メーカである英Cambridge Silicon Radio社に資本参加した,米Intel Corp.の動向などが注目されている。