PR

独Epcos社は,Bluetooth向け誘電体フィルタ,およびSAWフィルタのサンプル出荷を開始していることを明らかにした。出荷しているのは,RF段用の誘電体フィルタと,RF段およびIF段用のSAWフィルタである。IF段用のSAWフィルタ以外は,2.4GHz帯を使うほかの無線LAN方式にも対応できるという。

RF段用の誘電体フィルタは,中心周波数が標準で2.4415GHz。挿入損失は標準で0.8dB。通過帯域幅は83MHz。インピーダンスは50Ω。

RF段用のSAWフィルタは,中心周波数が標準で2.4485GHz。IF段用のSAWフィルタは,中心周波数が標準で111MHzである。価格はいずれも未公表である。 Bluetooth向けのRFトランシーバLSIでは,IF段用のSAWフィルタが不要な,低IF型やダイレクト・コンバージョン型もある。Epcos社のIF段用SAWフィルタは,「より急峻な特性が必要になるアプリケーションに向ける」(Epcos社)という。