PR

2000年4月24日から米国ニューオリンズで開催されているパソコン関連技術者向けの会議「WinHEC(Windows Hardware Engineering Conference)」(会議の情報はこちら→)で,米Seagate Technology社は,データ伝送速度が2Gビット/秒のFibre Channelインタフェースを備えたハード・ディスク装置「Cheetah」のデモを披露した(発表資料はこちら→)。Windows 2000を搭載したパソコンに,米Emulex Corp.のFibre Channel用アダプタ・ボード「LP9002」を装着し,このハード・ディスク装置をつないでみせた。