PR

米Scientific-Atlanta, Inc.(同社の情報はこちら→)は,新型のディジタル・セットトップ・ボックス「Explorer 6000」を開発し,米国で開催されるケーブル・テレビ関連の展示会「NCTA(National Cable Television Association)」に出展する(発表資料はこちら→)。

 このセットトップ・ボックスは2000年第3四半期にも出荷開始予定のもので,インターネット・アクセス機能や電子メール機能などを備える。近距離無線データ伝送技術「Bluetooth」用のインタフェースを装備し,家庭内の機器と無線でつなぐことを想定している。たとえば,Ericsson社のスクリーンフォンと接続し,スクリーンフォン経由でセットトップ・ボックスをインターネットにつなぐ。Bluietooth以外には,IEEE1394(オプション)やUSBのインタフェースを備えている。