PR

 コンパックコンピュータ(本社:東京都品川区)は7月28日,米Compaq Computerが提供しているUNIXの日本語最新バージョン「Compaq Tru64 UNIX V5.0」を発売した。1ユーザー当たりのライセンス価格は,4万9000円。出荷開始は10月下旬。

 最新版で追加した新機能は,複数台のサーバーを使って実行する自動縮退運転機能(障害で停止したサーバーが実行していた処理を別のサーバーで引き継いで処理を継続実行させる機能)用のファイル共有機能「クラスタ・ファイルシステム」。この機能を使うことで,クラスタ・システムを構成する複数サーバー機のシステム設定ファイルなどを一元管理できる。このほかファイル管理機能やメモリ管理機能を拡張し,ファイルの最大容量を10TBに,物理アドレス空間を 128GBにした。

 Tru64 UNIXの最新版では,「Advanced Server」も標準添付とし,Windows環境との親和性も高めた。Advanced Serverは,Windows NT Serverのネットワーク管理機能やプリンタ共有機能などと互換のサービスを,Tru64 UNIXから提供可能とするソフト