PR

 パソコン関連技術の展示会「COMDEX」が始まった。主会場のコンベンション・センター付近は,朝10時半に予定されていた開場の1時間前には参加者でごった返していた。

 今年の展示は例年に増して家電メーカの力の入れようが目立つ。米Microsoft Corp.が出展するメインのフロアには,ソニーや松下電器産業,東芝,日立製作所,三洋電機,オランダのPhilips社,韓国のSamsung Electronics Co., Ltd.といった家電メーカが広々としたブースを構えた。三洋電機は昨年の2倍の面積を確保したという。

 家電メーカの勢いとは対照的に,パソコン本体やパソコン関連LSIなどを前面に押し出した展示はめっきり少なくなった。象徴的なのが米Intel Corp.。今年は一般参加者向けのブースを用意しなかった。グラフィックスLSIやチップセットの展示も目立たない。