PR

 米Cadence Design Systems, Inc.は,1999年第4四半期および1999年通年の決算を発表した(リリース文)。1999年通年の売上高は10億9330万米ドルと,「ビリオン・カンパニ」に踏みとどまった。しかし,Q4,通年とも売り上げと利益が対前年比で大きく落ち込んだ。Q4の最終損益は88万米ドル(特別費用を除く)と,かろうじて黒字を確保した。対前年比-99%。

 Cadence社は,業績の落ち込みは,これまで通り,製品販売モデルの変更によるものとしている。実際,バランス・シートを見ると,売り上げの落ち込みは製品の新規販売分によるもので,サービスや保守は,前年比でトントンといったところである。また,昨年夏には一時10米ドルを割っていた同社の株価も,決算発表前にはその2倍を上回る24米ドルに回復した。同社は,今回も,対前年比の数字がプラスに転じるのは2000年第2四半期と見込むと発表した。

 同社が力を入れている,個別製品の状況についても一部公表した。たとえば,論理合成とレイアウト設計をまとめて処理する「Envisia synthesis with PKS(physically knowledgeable synthesis)」(EDA Online関連記事1)はQ4中に11の新規受注を獲得した。また,論理合成ツール「Envisia Ambit synthesis」の顧客は40増え,Q4中の新規販売本数は300を超えたという。80%にも及ぶ値下げが効いたと見られる(EDA Online関連記事2)。

米Cadence Design Systems, Inc. 1999年Q4決算
1999年Q41998年Q4対前年同期比
売上高2億6800万米ドル3億7650万米ドル-29%
損益(特別費用と無形資産の減価償却を含まず)88万米ドル8720万米ドル-99%
損益(特別費用と無形資産の減価償却を含む)-2250万米ドル4760万米ドル--

米Cadence Design Systems, Inc. 1999年通年決算
1999年1998年対前年比
売上高10億9330万米ドル13億2020万米ドル-17%
損益(特別費用と無形資産の減価償却を含まず)7800万米ドル2億7520万米ドル-72%
損益(特別費用と無形資産の減価償却を含む)-1410万米ドル2510万米ドル--